ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

スペルト小麦の製粉とアレルギーについて

当社では30年よりスペルト小麦の生産を行っています。

スペルト小麦とは「古代小麦」と呼ばれるもので、一般の小麦に比べて非常にアレルギーを起こしにくい品種として注目されています。

しかし、まったくアレルギーを引き起こさないわけではないそうです。

当社では製粉機を1台しか所有しておらず、しこくびえやたかきびも同じ製粉機を使用し、製粉しています。

雑穀粉を小麦粉の代用としてお使いの方に万一のことがあってはいけないので、今後は「この雑穀はスペルト小麦と同じ機械を使用して製粉しています」という但し書きをつけて販売いたします。

ご理解とご協力をお願い致します。

雑穀の値段改正をいたします

いつもありがとうございます。雑穀商品につきまして一部、改正をいたします。

理由は燃料費や肥料代等の高騰によりものです。

約100円程度の値上げをいたします。

商品の品質を保つための措置です。ぜひご理解をお願い致します。

吉田洋介

丸抜きそばの販売、始めました

昨年よりそばの栽培を始めました。粒のまま殻を取っただけの丸抜きはお粥や餃子の具、お菓子など使い勝手はいいですが、なかなか手に入りません。

ぜひお試しください!

1月末をもって閉店いたしました

雑穀レストラン「野のもの」は1月30日をもって閉店いたしました。

今後は農業を中心に事業を行ってまいります。

今後とも「野のもの」の雑穀をよろしくお願いいたします。

 

合同会社ミレッツ 代表社員 吉田洋介

しこくびえ、在庫切れになりました・・

「しこくびえ粉」が在庫切れになりました。

あたらしくクラッカーを作ったり、またクラウドファンディングを行っていることで脚光を浴び、売り切れになってしまいました。

申し訳ございません。

 

今年は作付を大きく増やす予定なので、秋からは在庫切れにならないよういたします。

よろしくお願いいたします。

明日よりクラウドファンディングを行います!

当店明日28日より「幻の雑穀しこくびえ」の栽培についてクラウドファンディングを行います。小型の機械などを導入することで、しこくびえの生産量をこれまでの150キロから最終的に1トンを目指します。http://readyfor.jp/projects/6986 にて確認いただけます。

しこくびえは栽培者が少なく研究者の方からも「幻の雑穀」と言われ、絶滅が心配されている希少な雑穀です。雑穀の中でも栄養価が高く、全国各地の山間部に「こうぼうびえ」「からびえ」「かまあし」等の名称でわずかに残るしこくびえを本格的に生産し、全国に安定供給する計画です。

ぜひ応援と拡散をお願いいたします。

クラッカーの販売を開始します。

昨年、上伊那農高の生徒さんたちと開発を進めてきた「野のものクラッカー」がようやく完成、販売を開始いたします。栽培する人がほとんどいなくなり「幻の雑穀」とまで言われるしこくびえと、長野県産小麦粉、菜種サラダ油、海塩だけで作ったシンプルなクラッカーです。砂糖を使っていないのでしつこくなく、いつまでもパリポリと食べてしまいます。バターやチーズを乗せてもおいしく食べられます。

しこくびえは亜鉛やパントテン酸といった、肌に良いとされるミネラル、栄養素を多く含んだ穀物で、国内の山岳地だけでなく、海外でもネパールやベトナムの山岳地、またアフリカなど紫外線の強い地域で栽培されています。

たかきびの粉も販売を開始しました。これはお客様の要望が多かったため、常備する商品としました。これはしこくびえと違い、もち性のため、パンやケーキに混ぜて焼くと食感がもっちりします。またピンク色に発色し、ほのかな甘さも出てきます。

こちらも合わせてご利用ください。

 

「自家製雑穀カレー」の販売を開始いたします

これまで販売してきたレトルト「伊那雑穀カレー」を新たに「自家製雑穀カレー」として販売いたします。とろみ付けに入れる雑穀の量を増やすなど、味、食べやすさなどをこれまで以上に追及しました。ぜひご賞味ください!

年末年始休業のお知らせ

「野のもの」は年末年始休業を12月24日から1月3日とさせていただきます。その間は、雑穀等の発送業務もできません。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

アマランサス、ブレンドも販売再開します

業者に委託したアマランサスのごみ取り作業がようやく終わり、アマランサス単品と五穀ブレンドの販売を再開いたしました。これですべての商品の販売が可能となりました。長らくご迷惑をおかけしました。またぜひご利用ください!

ページ上部へ