ホーム>スタッフブログ>2016年1月

2016年1月

明日よりクラウドファンディングを行います!

当店明日28日より「幻の雑穀しこくびえ」の栽培についてクラウドファンディングを行います。小型の機械などを導入することで、しこくびえの生産量をこれまでの150キロから最終的に1トンを目指します。http://readyfor.jp/projects/6986 にて確認いただけます。

しこくびえは栽培者が少なく研究者の方からも「幻の雑穀」と言われ、絶滅が心配されている希少な雑穀です。雑穀の中でも栄養価が高く、全国各地の山間部に「こうぼうびえ」「からびえ」「かまあし」等の名称でわずかに残るしこくびえを本格的に生産し、全国に安定供給する計画です。

ぜひ応援と拡散をお願いいたします。

クラッカーの販売を開始します。

昨年、上伊那農高の生徒さんたちと開発を進めてきた「野のものクラッカー」がようやく完成、販売を開始いたします。栽培する人がほとんどいなくなり「幻の雑穀」とまで言われるしこくびえと、長野県産小麦粉、菜種サラダ油、海塩だけで作ったシンプルなクラッカーです。砂糖を使っていないのでしつこくなく、いつまでもパリポリと食べてしまいます。バターやチーズを乗せてもおいしく食べられます。

しこくびえは亜鉛やパントテン酸といった、肌に良いとされるミネラル、栄養素を多く含んだ穀物で、国内の山岳地だけでなく、海外でもネパールやベトナムの山岳地、またアフリカなど紫外線の強い地域で栽培されています。

たかきびの粉も販売を開始しました。これはお客様の要望が多かったため、常備する商品としました。これはしこくびえと違い、もち性のため、パンやケーキに混ぜて焼くと食感がもっちりします。またピンク色に発色し、ほのかな甘さも出てきます。

こちらも合わせてご利用ください。

 

「自家製雑穀カレー」の販売を開始いたします

これまで販売してきたレトルト「伊那雑穀カレー」を新たに「自家製雑穀カレー」として販売いたします。とろみ付けに入れる雑穀の量を増やすなど、味、食べやすさなどをこれまで以上に追及しました。ぜひご賞味ください!

ページ上部へ